転売ビジネスの仕組み

ここでは転売ビジネスの基礎知識と

儲かる仕組みについて簡単に解説します。


転売ビジネスとは一体どのような仕組みで、

どのように利益が生まれるのでしょうか?

 

転売は別名「せどり」とも言われています。

 

せどりの語源は「背取り」といって、

本棚から背表紙を選んで取る行為から来ているという説があります。

 

つまり本の再販売で儲ける方法が、近代の転売の流行のはじまりでした。

 

昔流行ったノウハウなのですが、

「BOOK-OFF」のような古本屋さんで販売している本の価格と、

 

ヤフオクやAmazonというネットショップで販売されている、

同じ本の値段を見比べてみます。

 

すると、価格差がある本があります。

 

この価格差がある本を、

そのままヤフオクやAmazonで売れば、

差額が利益として自分の手元に残ります。

 

このように一方のお店で商品を安く買って

別のマーケットで高く商品を売る。

 

この仕入れ額と販売額の差が自分の利益になる

というのが転売ビジネスです。

とってもシンプルな仕組みだと思いませんか?

儲かる商品はどこにでもある

先ほど紹介した、古本の転売以外にも、

実は、探せば利益の出る商品はいくらでも見つかります

 

例えば、家電量販店やリサイクルショップ、

ドンキホーテやホビーショップなどの

実店舗と言われる普通のお店でも、そういった利益の出る商品は見つかります。

 

インターネット全盛のこの時代に、

そんな利益の出る商品が見つかるのか?

と疑問に思う方も多いと思います。

 

しかし、実際にリサーチをやってみれば分かるのですが、

儲かる商品というのは今でもたくさん存在しているのです。

 

儲かるということは、つまり同じ商品でも、

買う場所によって価格の差があるということです。

 

この原因については深入りしませんが、

少し考えてみると色々な理由が見つかります。

 

・販売するお店の資金事情・・・(在庫処分したい。現金がないと銀行のお金を返せない。)

・購入するお客の心理・・・(ずっと欲しかった。今すぐ欲しい。偶然いい商品を見つけた。)

・販売側と購入側の知識差・・・(ヤフオクなんて見ない。家にあったから適当に売ろう。)

 

他にも理由はあるかもしれませんが、

あらゆるマーケットとマーケットの間には、

現実に商品価格の差が発生しているのです。

 

これは、実店舗に限った話ではなく

ヤフオクAmazonといった、インターネット上で商品を購入できる

EC(イーコマース)サイトでも商品の価格差は発生しています。

 

なので、スマホとネットが十分に普及した現代の転売は、

こういったECサイト同士の価格差を発見し、

ネットで儲かる商品を見つける手法がメインとなっています。

 

昔は全国の実店舗を、

大きな車を借りて買い回る方法が主流でした。

 

そこで仕入れた商品を、

現地の配送センターから物流の倉庫などに発送していく、

肉体労働系の転売手法がメインだったのです。

 

しかし今では、ネットで完結する転売手法が可能であり、

自宅にいながら儲かる商品を見つけることができるのです。

転売ビジネスのしくみと種類

転売の仕組みは本当にシンプルです。

 

できるだけ安く買って、できるだけ高く売る。

 

とてもシンプルな仕組みになっていますが

これができればどんな商品でも転売は成立します。

 

現在ではインターネットを活用することで、

自宅で利益の出る商品を見つけることができます。

 

そこで転売のプロはインターネット上のネットショップの価格差を

どのように見つけて、どこから仕入れて、どこで売るのか?

ということを考えます。

 

要するに、

仕入れ先と販路の組み合わせによって、

様々な転売のパターンがあるのです。

 

そのパターンは大きく分けて3つに分けられます。

 

①国内転売 = 国内ショップで仕入れ × 国内ショップで販売

②輸入転売 = 海外ショップで仕入れ × 国内ショップで販売

③輸出転売 = 国内ショップで仕入れ × 海外ショップで販売

 

大きく分けるとこの3パターンです。

 

そして転売のパターンを考えるときにもう一つ大切なのが

在庫を持つか、持たないかという考えがあります。

一般的な特徴は下記の通りです。

 

◆在庫を持って販売する  →  有在庫ビジネス

・売れていると分かっている商品を扱うので、結果が出るのが早い。

・規約違反になることはあまりなく、飽和しにくい。

・在庫が売れないと資金難になることもある。

 

◆在庫を持たずに販売する  →  無在庫ビジネス

・売れてから仕入れるので資金繰りを心配する必要がない。

・在庫を抱えないので、資金がなくても始めやすい。

・工夫しないと規約で禁止されたり、飽和しやすい。

 

それぞれの詳しい特徴は次のカリキュラムで解説していきます。

ページの先頭へ