国内転売無在庫の解説

ここからは、このノウハウの大きな特徴である

無在庫物販の仕組みについて解説をしていこうと思います。

 

まず無在庫物販とは名前の通り在庫を持たないことが最大の特徴の物販です。

この無在庫物販に対して、有在庫物販という在庫を抱える物販もあります。

 

少しコンビニを例にして、在庫を持つ有在庫物販のメリット・デメリットを解説します。

 

普通のコンビニなどのお店には、店頭に商品が並んでいますよね?

これは当然お店が先にお金を払って、仕入れ元から先に在庫を買っています。

 

つまり有在庫物販では商品を売る前に在庫をいったん自分のお金で買う必要があるのです。

 

これは実店舗といって、実際にお店を構える形態の物販では普通のスタイルです。

お店に行ったら商品がない!なんてお店では、誰もお客さんは来ませんからね。

 

この有在庫物販だと、ビジネスの流れは以下のようになります。

 

在庫を仕入れる→お店に商品を並べる→商品が売れる

 

ここで重要なポイントは、仕入れの後に、商品が売れることになるという事です。

当然商品が売れるまでは自分の口座にお金は入ってきません。

 

この仕組みを考えた時にあるリスクが考えられませんでしょうか?

 

勘のいい方はお気づだと思いますが、

それは仕入れた在庫が売れないこともあるという事です。

(これを在庫リスクともいいます。)

 

また他にも以下のようなリスクが考えられます。

・売れた在庫が返品されてしまう。

・在庫を保管する倉庫代がかかる。

・仕入れ代金の支払いまでに入金が間に合わない。

 

有在庫物販にはこのようなリスクがあるので、

一般的に有在庫の物販は資金に余裕があればあるほど有利です。

 

資金があれば、仕入れの面ではたくさん買うから安く仕入れることができ

販売の面では無理に価格競争をせず高値で売れるまで在庫を抱えることが出来ます。

 

なので、資金に余裕がない人クレジットカード枠がない人は、

有在庫物販では少し厳しい条件でビジネスをすることになります。

(※必死に頑張れば稼げない訳ではありません。)

 

これから副業をはじめる方にとって、

この在庫リスクがある物販ビジネスは少し危険です。

 

その点無在庫物販では、資金があまりない副業初心者の方でも

かなりの低リスクで物販ビジネスに挑戦することが出来ます。

 

なぜか?というと。根本的に有在庫物販とはビジネスの流れが違うからです。

 

どこがが決定的に違うのかといえば、

無在庫物販は、商品を購入するタイミングが商品が売れた後だという点です。

ネットショップでは自分の手元に商品が無くてもショップに商品を登録することができます。

このネットショップの利点を活用して、売れた後に商品を仕入れるのが無在庫物販の最大の特徴です。

 

無在庫転売のビジネスの流れは下記のようになります。

 

商品を出品する→商品が売れる→売れてから商品を仕入れる。

 

この順番にすることで、無駄な在庫を抱えてしまう心配がなく

売れた商品だけを確実に仕入れることができるようになります。

 

NBNのノウハウでは、まずヤフオクやメルカリで商品を仕入れる前に、

アマゾンに売れそうな商品を先に出品します。

 

そして商品が売れた後にヤフオク、メルカリで商品を購入して

お客様の元へ届けることで、お客様から利益をいただくことができるのです。

(※もちろんお届けまでの期間などはしっかりと設定しています。)

無在庫物販のメリット

無在庫物販の仕組みは理解できましたでしょうか?

仕組みが分かったところで、この国内無在庫転売のメリットを紹介していきます。

 

まず、この無在庫物販の最大のメリットは

資金効率、言い換えるとキャッシュフローが物凄くいいビジネスだという点です。

どういう事かというと、下記の3つの金銭的メリットが有在庫と比べてあります。

 

・売れた商品しか仕入れないので余計な仕入れ費用がかからない

=同じ額を稼ぐのにかかる仕入れ代が低額

 

・売れて入金が確定した後にクレカ決済をできる

=クレジットカードで仕入れた時、商品代金の支払いまでに入金が99%間に合う

 

この2つのメリットは本当に大事なのです。

なぜ大事かというと物販においてキャッシュフローは生命線だからです。

 

有在庫物販を個人レベルで経験したことがある方からすれば、

なんて今までやってた転売はキャッシュフローが苦しかったんだ・・・。

と思ってしまうほど、無在庫はキャッシュフローが良好なビジネスです。

 

またNBNの国内無在庫ノウハウでは、

主に低単価で高利益の商品を売っていくので、万一返品された時のリスクも少ないのです。

 

大体500円~5000円で仕入れた商品を

3000円~1万円で売っていくようなイメージです。

 

仮に10品に1品返品が来たとしても

他に1商品でも商品が売れれば損失をカバーできます。

(このノウハウの返品率は平均1~5%程度になるでしょう。)

 

NBNのノウハウでは、自分の資金状況に合った価格帯の商品を選び

高利益になる商品のみに絞って売っていくこともできるので、

手元の現金やカード枠が少ない方でも、効率的にお金を貯めることができます。

 

また一般の会社員やサラリーマンの方だと、

仕事や家事、子育てなどが忙しく、使える時間が限られていると思います。

 

そんな中、一番ネックになるポイントは、きっと商品の梱包・発送作業でしょう。

やはり転売は普通、この梱包・発送作業に時間と手間がかかります。

 

しかしNBNのノウハウでは、この梱包と発送の作業を全くしないことも可能なのです。

 

通常の転売の流れは、仕入れた商品を1度自分のところに取り寄せてから、

お客さんの元やアマゾンの倉庫へ商品を納品します。

 

これを副業で行うと、忙しさのあまり部屋が在庫で溢れかえったり、

大量の発送しなければいけない荷物を見て憂鬱になったり、

家族から冷たい目で見られることもあるかもしれません。

 

そういう方は割り切って、ヤフオク出品者からアマゾンの購入者へ商品を直送してもらいましょう。

メルカリでも、発送代行会社を経由して、お客様の元へ商品を届けることが出来ます。

(直送はできないことは無いですが、メルカリアカウントが止まるリスクがあります。)

なので発送の手間・コストも完全に0にすることができます。

 

直送してクレームが来ないのだろうか?と疑問に思われるかもしれませんが、

実際には意外にも、クレームが来るどころか、いい評価が圧倒的に多くなることが多いです。

 

日本人は梱包をしっかりしてくれる人の割合が多く、

購入時に梱包に関して丁寧にしてくれと依頼すれば、クレームの数はかなり少なくなります。

 

そもそも、しっかり検品と梱包をしていても、

物販をしている以上は返品とクレームを完全に0にすることは出来ません。

こういうケースは起こった後に丁寧に顧客対応をして解決しましょう。

 

なので、手持ちのお金と時間に余裕がない状態の方は、

思い切って割り切って、発送を丁寧にすることにフォーカスするよりも、

お客様が欲しい商品をいかに見つけるか?という事にフォーカスして下さい。

 

無在庫転売は在庫を持っていなくても商品を出品できるので、

有在庫転売のセラーには決して扱えない、

売れるかどうかわからないレアな商品をお店に並べることができます。

 

万人受けする商品ではないけれど、

100人に1人は喉から手が出るほど欲しいと思っている商品を

本当に探しているお客様に届けることができるのが、このビジネスの面白い所です。

 

本当に稼げるのか?

ここまで読んで国内無在庫転売の流れやメリットはわかったけど、

なんでこのビジネスが成立しているのか全然理解できない。。。

という方はいませんか?

 

よくある疑問として、ヤフオクやメルカリに商品があるのだから

お客様もそっちを探せば買えるんじゃないのか?

 

こう考えた方は鋭い視点をお持ちだと思います。

 

この答えについて順番に解説すると、

まず最初の疑問は、ネットから引用した、下のアンケートを見ていただくと納得いただけるかと思います。

これはインターネットショッピングを普段利用する人が、

どんなプラットフォームで買い物をしているのか調査した表です。

 

ここで注目してほしいのは、

2017年でamazonをよく利用する人の割合が平均77%程度なのに対し

メルカリは15%ほどしかいないという点です。

 

このデータから分かることは、ネットで物を買う時に、

”amazonは見るけどヤフオクやメルカリは利用しない”

という人はかなり多くいるという事が分かります。

 

多くの人は普段買い物をする時に、

複数のプラットフォームを探すという面倒くさい事はしないのです。

 

そのため、amazonの取り扱い商品が増えるということは

普段amazonだけを利用されるお客様にとっては、とても嬉しいことなのです。

 

amazonには多様なお客様がいらっしゃいますが、

こうした多様な需要に応えていくのがこのビジネスの醍醐味なのです。

 

お客様が買いたい商品を探し、 お客様に届ける手数料が利益となると考えていただければ、

ビジネスの仕組みにもご納得いただけると思います。

 

以上のことが分かれば、無在庫物販についての理解は十分です。

ページの先頭へ