国内有在庫物販では、Amazon FBAという

Amazonの自動販売サービスを使って商品を販売していくことがメインになるでしょう。

 

このAmazon FBAを利用するためには、

仕入れて自宅に届いた商品をAmazon FBAの倉庫に納品する必要があります。

 

しかしこの時に注意が必要で、

FBAに商品を納品する場合はAmazonのルールをしっかり守る必要があります。

 

ルールに従ってない場合は、受け取り拒否されて自宅に商品が返送される場合もあります。

 

ではまずどのようなルールがあるのか?という事ですが

大まかに分けると下ようなルールがあります。

 

・納品手続はあらかじめしておく必要がある。

・輸送箱のサイズが40cm x 60cm x 40cm、または重量30kg以上の場合は納品出来ない。

・輸送箱が15kgを超える場合は、天面と側面に「重量超過」というラベルを張る必要あり。

・改造段ボール(段ボールをつぎはぎしたもの)は納品不可。(シュリンクで密封すればOK)

 

となっています。

 

初めて納品する場合は戸惑うと思うので

順番にポイントを解説していきます。

利用できる梱包材・緩衝材は?

Amazon FBAに納品する商品の梱包で、利用可能な梱包材、緩衝材を解説します。

プチプチ

エアパッキンとも言いますが、

このプチプチは緩衝材としてはもっともポピュラーな商品ですね。

色々なサイズのものがネットで売っているので、適切なサイズのものを使いましょう。

 

各種クッション材

段ボールの隙間を埋めるために必要です。

新聞紙や空気袋などが良く使われますが、

広告用紙や、散らばる細かいタイプの緩衝材は使用してはいけません。

以下のようなクッション材は使用してOKです。

 

 

逆に利用不可なクッション材は以下のものです。

バラの発砲緩衝材

袋詰めしていない発砲タイプの緩衝材は使用できませんので注意が必要です。

バラのシュレッダー裁断紙

シュレッダー裁断紙も袋詰めされていない物は使用不可になっています。

Amazon FBAの梱包方法は?

FBAに納品する商品の梱包方法は、まずこちらの動画を見るようにして下さい。。

セラーセントラルで手続きをしよう

次にセラーセントラルで、納品の手続きをしていきます。

手順は下記の動画を見るようにしましょう。

Amazon FBAで受領

発送した商品はAmazon FBAセンターに到着した後、

不備がなければ48時間程度で販売可能となります。

 

商品受領が完了するとメールで通知が届きます。

セラーセントラルのFBA在庫の「販売可/発送可」の欄でも販売可能在庫数として確認できます。

以上でAmazon FBAへの納品手続は完了です。