アマゾン管理画面の使い方

商品を仕入れたらAmazonで販売を開始していくのですが、

まずアカウントの初期設定をしておく必要があります。

 

そして基本的なAmazon管理画面の使い方を

下記の動画で確認して下さい。

 

商品登録

このセラーセントラルでまず覚えるべき作業は、

出品する商品の登録作業です。

 

これについては下記の動画をまず確認して下さい。

商品登録とは、販売する商品を自分の在庫として登録する作業です。

 

これには1商品ずつ登録する方法と、

まとめてエクセルファイルで登録する方法があります。

それぞれの方法はここここから確認できます。

複数の商品をまとめてFBAに送る場合は、

エクセルで登録した方が早いのですが、

まずは1商品ずつ登録する方法から紹介します。

 

①セラーセントラルでログイン

セラーセントラルはこちら

Eメールまたは携帯番号、パスワードを記入のうえ、

「サインイン」をクリックしてください。

 

セラーセントラルにログインが完了すると以下のようなページに移ります。

「在庫」→「商品登録」をクリック

 

そうすると↓商品登録のページに移ります

②商品を1点ずつ登録する

商品の型番やJANコードを検索窓に入力後「検索」をクリック

 

今回は「東芝 サイクロンクリーナー トルネオV グランレッド VC-SG512(R)」

という商品の新品を出品する場合の手順を解説します。

 

今回商品の型番は「VC-SG512(R)」なので、

検索窓にVC-SG512(R)と入力後、検索をクリックします。

検索結果の一覧から自分が出品する商品と同じ商品を見つけ、

出品する」をクリックします。

 

そうするとこのような画面に移ります。

 

今回出品するシャープの掃除機は

新品,再生品,中古の右側に「出品する」というボタンが出ています。

 

しかし、ヤフオクやメルカリと違ってAmazonには

出品規制カテゴリー出品規制ブランドという制度があります。

 

1つずつ解説していきます。

 

出品規制カテゴリーとは?

ヤフオクやメルカリはどんな商品でも自由に出品することができますが、

Amazonは商品のカテゴリーによっては出品制限が設けられています。

 

出品許可が必要なカテゴリー

・服&ファッション

・シューズ&バッグ

・時計

・ペット用品

・ジュエリー

・ドラッグストア

・ビューティー

・食品・飲料

 

新規出品をする際に、以上のカテゴリーの商品は

Amazonに出品の申請が必要です。

 

しかし、商品を見てカテゴリーを

自分で判断することは難しいです。

 

なので、以下で解説する商品登録の際に

Amazonに判断してもらう方法が一番簡単で正確です。

 

出品規制がかかっている商品は

出品しようとすると↓のような表記がなされています。

 

普通に出品許可申請が必要ではなく出品できる商品

↓のような表記がなされています。

出品規制ブランドとは?

Amazonにはカテゴリ毎の規制だけではなく、

メーカーやブランド単位でも出品規制があります。

規制が厳しいブランドを挙げていくと以下のようになります。

 

出品許可が必要なメーカー・ブランド例

(セラーの実績や時期などによって規制は変化します)

・ショップジャパン
・BOSE
・SONY
・Panasonic
・EPSON
・富士フィルム(FUJIFILM)
・CASIO
・BROTHER
・DJI
・GOPRO
・CANON
・NIKON
・Hoppetta
・Ergobaby
・RICOH
・PENTAX
・OLYMPUS
・SIGMA
・BenQ Japan
・TAMRON
・CAPTAIN STAG

などなど

 

上記ブランドを見ていくと、転売で定番のメーカーやブランドが多いです。

しかし、そういう定番の人気メーカーやブランドほど、規制がかかっていることが多いので

これらのブランドをはじめて出品するときは、必ず事前に出品できるか確認しましょう。

 

調べ方は、仕入れる前に上記の手順で出品しようとしてみればOKです。

 

例えばパナソニックのドライヤーを出品しようとしてみると、

新品は「出品許可申請」が必要になっていたとします。

出品許可申請が必要な商品を仕入れてしまった場合は解除が難しいので、

規制のないヤフオクやメルカリで再販売をしましょう。

(解除するにはメーカーか卸業者から10点以上商品を仕入れた請求書が必要ですが

ビックカメラなど大手家電量販店の請求書を提出することで解除されることもあります。)

 

それでは次の手順に移ります。

③出品情報を入力する

出品者SKU:出品者が付ける商品管理IDのことです。

商品ごとに自由に番号を決めることができます。

何も入力しなければ自動でAmazonが決めてくれます。

 

このSKUは日付などの記号を付けておくと商品管理が楽になります。

例)20180101(仕入れ日)10000(仕入れ値)kaden001(管理シートのID)

 

在庫検索でSKUに入力しておいた記号を入力すると、

その記号が含まれている在庫のみを検索できます。

 

これを利用すると、例えばSKUに日付を記入しておくと

日付で検索をすることで、その日に出品登録した在庫のみを表示できます。

 

また仕入れ値を入力しておくと、

在庫管理画面から価格改定をするときに楽です。

 

販売価格:自分が予想した販売価格を入力します。

この値段で販売すると良いでしょう。

 

ポイント:販売価格にプラスしてAmazonで使えるポイントを決める事ができます。

 

ポイントを付けるとAmazonの売り上げから

ポイント分の金額が引かれて決済されます。

 

これは最初は未記入でも構いませんが

数%ほどポイントを付けておくと売れやすくなることもあります。

 

コンディション:今回は新品を選択します。

中古品の場合は、「可」「良い」「非常に良い」「ほぼ新品」の中から

サブコンディションを決めます。

 

このコンディションの決め方ですが、

実際に出品している他の出品者を見て

コンディションの感覚を合わせて出すのが最も簡単です。

 

正式にはAmazonのコンディションの規定もあるので

こちらと他の出品者のコンディションを元に判断すると良いでしょう。

 

出荷作業日数:これはFBAの場合は未記入で大丈夫です。

自己配送の場合は出荷準備にかかる時間を記入します。

副業で発送が遅れる方は5日に設定して週末に発送しましょう。

(長すぎると商品は売れにくくなります。)

 

フルフィルメントチャネル

出品する商品を自宅に置いておくを選択すると、

自己配送として出品されます。

この場合は、商品が売れた時に自分で商品を発送する事になります。

 

Amazonの倉庫に送るを選択すると

FBAというAmazonの自動販売プログラムで販売されます。

 

有在庫転売では基本的にこちらを使います。

お客様から見るとprimeという記号が付くので売れやすくなります。

 

必要事項を記入でたら「保存して終了」をクリックして下さい。

これで商品登録は完了です。

このまま次のFBA納品プランを進めましょう。

FBA納品プランの作成

続いてはFBAの倉庫に送るための、

納品プランの作成手順について説明します。

まずFBAとは何か?ということについてこちらの動画をご確認ください。

このFBAを利用するにはまず

納品プランをセラーセントラルから作る必要があります。

これを作成せずにAmazonの倉庫に荷物を送っても荷物が返送されてしまいます。

①納品プランを作成する

「Amazonから出荷」に変換する

商品登録が終わった後の画面では

「保存して次に進む」をクリックして下さい。

新規に納品プランを作成

「新規の納品プランを作成」、「個別の商品(異なる商品で構成)」にチェックを入れて

「続ける」をクリックして下さい。

メーカー構成は卸業者などから仕入れた場合に、

Amazonに送る段ボールの中身が全て同じ商品で

メーカーの箱で既に梱包されているときに使います。

 

転売の場合は基本的に個別の商品でOKです。

数量を入力

数量の欄に個数を入力し、「続ける」をクリック

2個同じ型番で、同じコンディションで出品する商品がれば2と入力してください。

同じ商品でも別コンディションの場合は、

別のSKUとして登録する必要があります。

 

例えばニンテンドースイッチを4台仕入れて、

2つは新品、2つは非常に良いのコンディションで出す場合は、

新品 2品   非常に良い 1品  非常に良い1品

の3つに分けて商品登録をする必要があります。

 

中古品は付属品や傷の状態が商品によって違うので

サブコンディションが同じでも別々に登録しましょう。

②商品ラベルを作成する

「ラベルを印刷」をクリックして下さい。

この時に選択したラベル用紙の大きさは覚えておきましょう。

 

そうすると商品の箱に貼るラベルシールのPDFがダウンロードされます。

そのPDFを開いて画面右上にある「⇩」をクリックしてください。

 

そして保存先のフォルダーを選択して、ラベルデータを保存してください。

ラベル用にフォルダを作って日付ごとに管理することをおススメします。

 

保存が完了したらセラーセントラルの画面に戻り、

「続ける」をクリックしてください。

納品を作成する

ここは何も触らなくて大丈夫です。「納品を作成する」をクリックしてください。

その後も納品先を確認して「納品作業を続ける」をクリックしてください。

③配送関係の準備

納品する商品を確認

特に入力すべき個所はありません。

ここまでの内容が正しいか確認してください。

配送

配送業者:FBAパートナーキャリア (日本郵便)をお勧めします。

※配送業者と後納契約が取れているなど、

他に安い配送方法がある方はそちらを選択すると良いでしょう。

(パートナーキャリア)

(一般配送業者)

輸送箱

Amazonの倉庫へ送るための、輸送専用の箱です。

この輸送箱に配送ラベルを貼って、FBAの倉庫宛に荷物を送ります。

個数は適切な個数を選択してください。

 

輸送箱数:今回は輸送箱数【1個】を選択

(複数の商品を1つの箱に詰めて発送する場合は、

複数を選択してください。)

 

輸送箱の重量 (kg):測って入力してください。

輸送箱の寸法 (cm):測って入力してください。

以上の入力が終わりましたら確認するをクリックしてください。

配送料

緑色の文字で「入力値の確認ができました。」と表示されたら

「計算する」をクリックしてください。

 

計算が完了したら、

利用規約を読んで「FBAパートナーキャリアの利用規約に同意します。」

の左側にチェックを入れます。

(一般配送業者の場合、配送料の計算はありません)

 

「請求額を承認」をクリックしてください。

 

緑色の文字で「請求を承認しました」と表示されたら

次は「配送ラベルを印刷」をクリックしてください。

するとPDFで配送ラベルがダウンロードされます。

そのPDFを開いて画面右上にある「⇩」をクリックしてください。

そして保存先のフォルダーを選択してラベルを保存してください。

 

※デスクトップにラベル用のフォルダを作ると管理が楽です。

 

保存が完了したらセラーセントラルに戻り、

「クリックすると納品が完了します」をクリックしてください。

(パートナーキャリア)

(一般配送業者)

これで納品手続きが完了しました。

 

続いては、

商品ラベルと配送ラベルをどのように張り付けて

Amazonの倉庫へ納品するのか解説していきます。

FBA納品準備

ここからはアマゾンの倉庫まで発送する前の

商品の梱包やラベルの貼り方について説明します。

①商品ラベルを印刷

まずは先ほど保存した

商品ラベル(5×3センチほどのバーコード)を印刷します。

 

商品ラベルはシール形式の紙に印刷してください。

アマゾンでラベルシールと検索すると、

出品者用のシールコピー用紙が売られているのでオススメです。

 

近所のホームセンターなどにもラベルシールは売られているでしょう。

 

【Amazon出品用】 FBA納品ラベル シール 40面 100枚組(4000片) レーザープリンター インクジェットプリンター対応 (A4)

https://www.amazon.co.jp/dp/B01J10X3K8/

このラベルシール用紙の大きさは、

納品プランの作成時に選択して紙に合わせて下さい。

このラベルシール用紙をコピー機にセットして、

右上のコピー機のマークをクリックして印刷します。

(windows10の場合)

これで商品ラベルの印刷は終了です。

②配送ラベルを印刷

商品の外箱に貼るバーコードの次は、

輸送箱に貼る配送ラベルを印刷します。

 

以下のラベルを印刷してください。

(※個人情報は隠しています。)

 

◆パートナーキャリアの場合◆

1箱につき2枚印刷されます

輸送箱に貼るラベル

窓口に提出する用紙

 

◆一般配送業者◆

1箱につき1枚印刷されます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「コピー機のマーク」をクリックして印刷してください。

(windows10の場合)

これで配送ラベルの印刷は終了です。

③納品時の注意

商品をAmazonの倉庫に発送する際は、注意点があります。

かなりポイントが多いので、要点のみをまとめます。

分からないことがあった場合はこちらの要件をチェックして下さい。

大きなチェックポイントは以下です。

・輸送箱の重量が15㎏を超える場合は、箱の天と側面に「重量超過」と明示する

・パッケージに入っていない裸の商品をそのまま納品してはいけない

・配送ラベルは商品箱に直接張らない

・納品ラベル、配送ラベル以外のバーコードは隠す

 

・段ボールに過剰にテープを張らない

 

・FBA納品時の輸送箱の加工はNG

段ボールをつなげたり、張り合わせたものは納品できません。

商品の梱包

まずは商品を梱包する必要があります。

梱包方法については下記の動画をご確認ください。

梱包はできましたでしょうか?

 

ここからは梱包を簡単にするテクニックを紹介します。

 

仕入れた商品の箱が頑丈な場合は、

商品をストレッチフィルムで梱包することで

輸送箱を余分に使わなくても納品することができます。

 

配送ラベル1枚目を貼付けします。

この時にセロハンテープや透明テープで貼付するのではなく

マスキングテープで四隅を貼ることをお勧めします。

 

そうすることで商品が売れた時に、

配送ラベルをAmazonが綺麗にはがしてくれます。

なので綺麗な状態でお客様に商品を届けることができるでしょう。

 

そして、郵便局員さんに受付で渡す用紙を、

マスキングテープで止めておくことをお勧めします。

(一般配送業者の場合は、この用紙は印刷されません。)

 

これでAmazonの倉庫に商品を発送する準備ができました。

商品の発送

あとは、2通りの方法で発送を完了してください。

 

⑴郵便局や配送業者の配送センターに持っていく

⑵集荷を呼ぶ

郵便局や配送センターがかなり近くにあれば持っていくこともいいですが、

手間と労力を考えればおすすめは⑵です。

 

納品完了

以上でAmazonの倉庫への納品は完了です。

余談ですがこのような出品に関わる手順は

Amazon出品大学に詳しくまとめられています。

分からないことがある場合はこちらもぜひ参考にして下さい。

ページの先頭へ