ここでは無料電脳せどりツール

『フリマウォッチ』の使い方について解説していきます。

 

フリマウォッチはフリマ仕入れを自動化するのに

とても有効なツールです。

 

仕入れた商品をリスト化する手法と組み合わせることで

あなたの収入を増やす資産になってくれます。

 

ぜひ活用していきましょう。

フリマウォッチとは?

フリマウォッチについて簡単に説明すると、

メルカリ、ラクマなどのフリマアプリの商品を一括で検索する機能

商品アラート機能が無料で使えるツールです。

 

要するに、儲かる商品を登録しておくことで

出品されたときにすぐ変えるように教えてくれるツールになります。

 

フリマウォッチにはアプリ版とPC版(GoogleChrome)があります。

これから両方の使い方を解説していきますので、

1度どちらも使ってみて使いやすい方を利用していきましょう!

 

フリマウォッチiPhone版

Android版

フリマウォッチPC版    ※Google Chromeを使わないと利用できません

フリマ横断検索機能

もしフリマアプリを1つ1つ開いて検索するとなると、

それぞれにキーワードを入力して検索を繰り返す必要があるので

1つの商品を検索するのにかなりの時間が必要になってきます。

 

1つの商品をリサーチするのに時間をかけていては効率が悪いですね。

 

この横断検索機能を使えば、

メルカリ、フリル、ラクマ、オタマート、ZOZOフリマ、チケットキャンプ、

ショッピーズ、ヤフオク、ブクマ、モノキュン

 

以上10個のアプリを1度に検索することができるので、

効率的に商品リサーチを行うことができます。

商品アラート機能

こちらが本命の機能のアラート機能です。

 

ツール内に保存した条件に該当する商品が出品されたら、

出品されたという通知を受け取ることができます。

 

利益の出る商品の条件をツールに登録しておけば、

リサーチをしなくても商品の通知を確認するだけで、

仕入れをすることができます。

 

 

アラート登録できる商品条件の数に上限はないので、

どんどん登録していきましょう。

フリマウォッチ アプリ版の使い方

それではフリマウォッチ アプリ版の詳しい使い方について解説していきます!

アプリを起動したらまずはログインを選択します。

 

ログインをしなくてもアプリを利用することはできますが、

ログインをすることで機種変更や端末を初期化してしまったとしても、

データを引き継ぐことができます。

 

ログインをしていないと

“万が一の時にこれまで蓄積してきたデータ(資産)が消えてしまう”ので

必ずログインするようにしましょう。

 

facebookのアカウントもしくはGoogleアカウントを利用して

ログインすることができるので好きな方を選んでください。

 

商品アラート登録方法

次にフリマウォッチの目玉機能、

商品アラート登録の方法について解説していきます。

 

まずは真ん中左のウォッチ管理を選択します。

 

すると新しいアラートを作ると出てくるのでこちらを選択します。

 

選択するとアラート条件を入力する画面が表示されます。

上から順にキーワード、除外ワード、除外サービス、価格

以上4つの項目があるので順番に入力していきます。

 

1 キーワードを設定

アラート登録する商品名や型番を入力します。

今回はiPod classicで登録していきます。

 

キーワードを登録するときは、

あらかじめメルカリなどで商品名や型番を検索して

商品が表示されるのか?また、過去に仕入れ対象となる価格で販売されているのか?

これらを確認してからキーワードを登録するようにしましょう。

2 除外ワードを設定

その名の通り検索結果から除外したいキーワードを入力します。

今回のiPod classicで例を出すと、

ジャンク品、ケーブル、充電器、ケースといったワードを入力しておくことで、

これらが商品タイトルや商品説明に含まれる商品を検索結果から除外することができます。

 

除外キーワードを見つける方法は、

メルカリで実際にキーワーで検索してみて、

検索結果に出てきた不要な商品のキーワードを拾って登録するとスムーズです。

3 価格

アラートする商品の下限価格上限価格を設定することができます。

 

例えば、下限価格を¥2,000、上限価格を¥10,000に設定しておけば、

選択した範囲で該当する商品がアラートされるようになります。

 

下限価格には商品相場より安すぎる価格

上限価格には仕入れ値の上限を登録しておくとうまく絞り込むことができます。

 

特に下限価格はうまく設定しておくと

付属品などの余計な通知をカットできるので便利です。

 

以上の4項目を入力したら1番下のプレビューを選択します。

アラートしたい商品がプレビューに表示されているか確認して

これでOKを選択します。

 

画面が切り替わるのでOKを再度選択します。

 

これでアラートの登録は完了です。

メニュー画面に戻るを選択して戻りましょう。

 

メニューに戻ったら確認のためもう一度ウォッチ管理を選択します。

 

新しいアラートを作るの下に

先ほど作成したアラートが表示されていますね。

 

登録したアラートを選択することで内容の修正、

使用の項目右のボタンでアラートのON、OFFを切り替えることができます。

その下の消去からアラートの消去も可能です。

 

以上が商品アラート登録方法です。

フリマウォッチ PC版の使い方

 

まずはGoogle Chromeで「フリマウォッチPCツール」と検索しましょう。

 

こちらがTOPページなので、

このページをブックマークしておいて下さい。

フリマウォッチPCツールURL

 

アプリ版と同じようにまずは右上のログインから

ログインをしましょう。

 

ログインを選択すると、

GoogleアカウントもしくはFacebookアカウントを

選択することでログインできます。

 

アプリ版でログインをしたアカウントを利用することで同期できるので、

同じアカウントでログインすることをオススメします。

 

PC版アラート登録方法

ログインしたらアラートを選択して、

アラート登録をしていきましょう。

 

アプリでログインしたアカウントと同じアカウントでログインしたので、

先ほど登録したアラートが表示されています。

 

こちらからもアラートの通知のON、OFF、

アラートの編集、消去を行うことができます。

 

それでは新しいアラートを登録していきましょう。

新しいアラートの作成を選択します。

 

上から順に登録するアラート情報を入力していきましょう!

各項目はアプリ版と同じですので、

同じように入力していきます。

 

アラート名には入力内容が反映されるので、

自分でアラート名を考える場合は〜にチェックを入れて

個別に名前を登録しておくと一覧を見たとき分かりやすいでしょう。

 

入力が完了したらアラートのプレビューを選択します。

 

内容を確認して問題がなければ

これでOK(アラートを登録する)を選択します。

 

このプレビューを確認したときに不要な商品が表示されていたら

そのキーワードを拾って除外ワードに追加するとうまく絞り込めます。

 

アラートの登録が完了するとアラートリストに戻ってくるので、

先ほど登録した内容が追加されているか確認しておきましょう。

 

以上がフリマウォッチPC版のアラート登録方法です