輸入転売とは、海外から商品を仕入れて日本で販売する転売です。

 

日本に無い商品を取り扱う事になるので。

国内転売よりも知識が必要になる傾向があります。

 

輸入転売で主流となっている仕入れ先は主に2つあります。

 

1つ目は中国です。

 

中国のネットショップ(タオバオ、アリババ、アリエクスプレス)で仕入れて

国内のヤフオクやアマゾンで販売する手法を中国輸入転売といいます。

 

2つ目はアメリカ・ヨーロッパです。

メインはAmazonやebayというネットショップで仕入れて

日本のヤフオクやAmazonで販売する方法がメジャーです。

 

この手法は欧米輸入、または欧州輸入転売と呼ばれています。

 

 

 

輸入は主にこの2つの仕入れ先から仕入れる手法が

メジャーで稼ぎやすいと言われています。

メリット

・仕入れ候補となる商品が無数にある

海外には日本でまだ知られていない商品がたくさんあり、

それらがヒットした時の伸びしろは圧倒的です。

 

ebayという世界最大のオークションサイトで仕入れをすることができれば

全世界の商品をリサーチの対象とすることができます。

 

上級者になれば海外の個人ネットショップも仕入れの対象になるので、

世界中の商品を扱う面白さがあるでしょう。

・ライバルが参入しにくい

輸入には関税の手続きや言語の違いなどがあり、

何かとトラブルや面倒なことも増えます。

 

なので稼ぐのが国内転売に比べて難しい分、

一度稼げてしまえばライバルが参入してきにくい分野だと言えます。

 

デメリット

・専門知識が必要

海外と日本では、当然国が違うので、

使われている言葉や法律が違ってきます。

 

他の国で売られている商品でも日本で売ることが出来なかったり

輸入すると犯罪になってしまう商品があるので、

実践するにはある程度の専門知識が必要となってきます。

 

・商品が届くまで時間がかかる

海外で商品を注文したら直接日本に発送してくれるショップもありますが

ほとんどのショップは直接日本に商品を送ってはくれません。

 

なので、その国ごとの商品転送サービスを使用することになります。

 

これはネットショップの代わりに現地の業者が、

手数料をもらって日本まで商品を届けてくれるサービスです。

こういう転送代行業者が各国に存在しているので、そこを利用します。

 

そして基本的に商品は通関の手続きをする必要があり

ここで不備があると商品が国内に届かずにストップしてしまいます。

 

商品が自宅に到着するまでの所要時間はおおよそ1~2週間かかるので、

有在庫で仕入れる場合はキャッシュに余裕が必要となってくるでしょう。

 

・言葉が違う

国が違えば当然使われる言葉が違います。

ここは結構重要なポイントで、やはり多少の語学力が無いと

輸入で稼ぎ続けるのは難しいかもしれません。

 

グーグル翻訳で何とかなる!と思っていてもいざビジネスをしてみると

翻訳だけでは何ともならない場面に出くわす可能性もあります。

 

このように国内転売に比べると、少し上級者向けのビジネスになっており

取り組む順番としては国内転売の後にするべきビジネスだと言えるでしょう。