仕入れができないときは?

ここではamazonで注文が入ったのに

商品をいくら探しても見つからない場合や

利益が出ない場合についての対処方法を解説します。

 

しっかり在庫管理をしていても、

タイミングによっては在庫切れが起こってしまうことはあります。

 

こういう時は、amazonの注文管理画面からキャンセルの手続きをして

お客さんにキャンセルをして貰うようにしましょう。

 

この時に注意が必要なのですが、

amazonの通常の方法で注文をキャンセルすると

アカウント健全性という指標の出荷前キャンセル率が悪化してしまいます。

詳しくはアカウント健全性についてでも解説していますが、

無在庫物販で長く稼ぎ続けるために一番重要なのは、

アカウントを潰さないように育て続ける事なのです。

 

なのでこれから紹介する手順で、

この出荷前キャンセル率を上げずに注文をキャンセルしましょう。

出荷前キャンセル率を上げないためには?

amazonの通常の方法で注文のキャンセルをすると、

出荷前キャンセル率という指標が下がってしまい、

最悪の場合アカウントの停止や閉鎖という事態になってしまいます。

 

万が一こうなってしまうと、とても大変な状況になってしまうので

注文のキャンセル方法は工夫する必要があります。

 

実はamazonでは、お客様からキャンセルの依頼を受けてから

購入者の都合というキャンセル理由で注文キャンセルすると、

出荷前キャンセル率は上昇しないのです。

※お客様からキャンセル依頼を受ける前にキャンセルをするとキャンセル率は上昇します。

 

これは非常に重要なポイントなのでしっかり覚えておいて下さい。

お客様にキャンセル依頼をしよう

ではどのようにしてお客様からキャンセル依頼をしてもらうのでしょうか?

この方法は非常にシンプルなのですが、

お客様に注文のキャンセルしていただくよう、電話かメールでお願いをしましょう。

 

まずは私たち販売者から、キャンセル依頼のメールを

amazonのメッセージ機能を使って送付します。

まずは注文管理画面からキャンセル依頼をする商品の、

購入者の名前をクリックしてメールの送信画面を開きましょう。

すると下のような画面が開くので

メールの件名を「返金」に設定して、キャンセル依頼文章を書きましょう。

キャンセル依頼文章の例

例文:

〇〇様

お世話になります。

この度は、(商品名 )をご購入頂きありがとうございます。

 

大変申し訳ないのですが、 商品の在庫が切れており商品を発送することができない状況です。

 

せっかくご購入頂いたにも関わらず、

ご迷惑をお掛けしてしまい、本当に申し訳ございません。

 

大変お手数ではありますが、

注文管理画面より 【商品をキャンセルする】のお手続きをして頂けないでしょうか。

 

商品代金は全額返金いたします。

この度はご迷惑をお掛けしてしまい、大変申し訳ございませんでした。

 

(店舗名)


このメッセージを送信して、

お客様から、「注文のキャンセル依頼」

というタイトルで返信がきたらキャンセルしても大丈夫です。

返信は購入者からのメッセージで確認できます。

キャンセルの方法

注文キャンセル依頼の連絡が来たら

同じく注文管理画面から注文キャンセルをクリックします。

ここでキャンセルの理由は、

必ず「お客様都合のキャンセル」を選ぶようにしてください。

それ以外の理由でキャンセルすると出荷前キャンセル率が上がってしまいます。

この状態で注文キャンセルをクリックすると

購入者都合でキャンセルが完了です。

キャンセル依頼の返信がない場合は?

キャンセルの流れはお分かりいただけたでしょうか?

このとき、お客様からキャンセル依頼の返事が来ればいいのですが

キャンセル依頼のメールを送っても返信がない時もあります。

 

こういう時はまず、メールの時間帯を変えて、

出荷期限まで何度もメッセージを送り直すようにしましょう。

 

それでも返事が返ってこない時はどうなるのでしょうか?

キャンセルできないまま出荷予定日の23:59まで出荷通知を押せずにいると

次は出荷遅延率という指標が上がってしまいます。

これは出荷期限までに商品を発送できないと悪化してしまう指標であり

4パーセントを超えるとアカウントが停止してしまう危険性があるのです。

 

出荷遅延率を上げないためにできる方法は一つあります。

それは先に商品の出荷通知をしてから、商品代金を全額返金する方法です。

商品代金の返金をしよう


まずこの方法をするには、商品の出荷通知を先にする必要があります。

注文管理画面から、出荷通知を送信というボタンを押しましょう。

商品を仕入れることができていないので

本来は出荷通知をしてはいけませんませんが、

返金をするためなので先に出荷通知を送信しましょう。

 

この出荷通知ボタンは必ず出荷予定日が過ぎる前に押してください。

でないと出荷前キャンセル率が上がってしまい、アカウントが停止する可能性が出てきます。

 

出荷通知を押した後は、

注文管理画面の出荷済みから

キャンセルしたい商品の「注文を払い戻す」をクリックします。

返金の理由は「その他の理由」を選択して、全額返金にチェックを入れます。

返金理由を「その他の理由」するのは、

理由を「在庫切れ」などにしていると、

amazonから「在庫を持たずに販売しないでください」

と指摘される可能性があるからです。

 

あとは「払い戻しを送信」を押せば返金完了です。

1商品につき手数料が10円~100円ほどかかってしまいますが、

アカウント健全性が悪化することは無いのでこの方法を活用して下さい。

ページの先頭へ