今回はメルカリを利用した販売方法でお伝えします!

その1 メルカリでの相場チェック方法

メルカリはスマホアプリがメインですが、
パソコンで見ることでよりスムーズに進めることができます。

当然、スマホで手軽に見ることも可能ですが、
ネットビジネスを進めていくうえでパソコンでの操作に慣れておくほうが有利です。

今のうちにパソコンで見ることに慣れておきましょう。

「メルカリ」
https://www.mercari.com/jp/

<メルカリの相場チェック方法>

 

その2 メルカリへの出品方法

ここでは メルカリ出品の時に気を付けるべきポイントについて解説していきます。

基本的に出品で難しいところはありません。
だれでも簡単に画面の指示に従っていけば出品はできます。

メルカリで出品する際は、
スマホだけで進めた方がスムーズです。
(メルカリはスマホに特化したつくりになっているため)

出品する前に気を付けること

メルカリに商品を出品する前に気を付けなければいけないポイントは
商品が売れやすい時間に商品を出品するということです。

メルカリは過去に出品された商品が
どんどんページの下のほうに追いやられていきます。

なので利用者の多い時間帯に商品を出品して、多くの人に商品を見てもらうことが重要です。

時間帯によって利用者の層にばらつきはありますが、
夜8時~10時くらいの時間帯は全般的に商品が売れやすく出品されやすい
いわゆるゴールデンタイムと言われています。

一度出品してしまった場合は、5~10パーセントくらい値下げすると、
検索上位に再表示されるので覚えておくと良いでしょう。

写真をアップする

まずは画面にでてくる「出品」のボタンをクリックして下さい。
すると商品の出品をする画面になります。

スマホだとこんな感じです。

 

ここで事前に撮影しておいた商品をアップします。

写真は登録できる枚数に制限がありますが、
LINEカメラなどのアプリを使えば、
複数の写真を1枚の画像にすることができます。

  

たくさん写真が必要な場合は合成してみて下さい。

商品タイトルを付ける

タイトルはヤフオクと同じく非常に重要です。

検索に引っかかるかどうか?”を意識して
ヤフオクと同じポイントに注意してタイトルを決めましょう。

またメルカリの検索バーにキーワードを打ち込むと
良く検索されているキーワードの組み合わせが表示されます。

これを参考にしてタイトルを決めることでも、
商品がより検索結果に表示されやすくなり、売れる確率は上がるでしょう。

 

説明文章を書く

説明文の書き方は、ヤフオクよりも絵文字を使ったり
シンプルな説明でも売れやすい傾向があります。

書くべきポイントはヤフオクとほとんど同じですが、
メルカリの場合は値下げ交渉専用出品への対応も商品説明に書いておくと良いでしょう。

オススメは相場より少し高めに出品しておき

・お値段は気軽に交渉して下さい^^

などと書いておくと、いいねやコメントが多く集まり、
多くの人が見るので、高く売れる確率が上がるでしょう。

専用出品とは?

メルカリで出品をしていると
「専用出品をしてくれませんか?」という質問を受けることがあるかも知れません。

この専用というルールは運営が公式に決めたものではなく
ユーザー同士が決めている非公式なルールです。

要するに他の人に買われないように、
自分専用の出品ページを作ってくれないか?
という意味です。

商品のタイトルが”専用”や”○○様専用”
という風に出品されている商品は
指定した人以外は買わないで下さい。といった意味になります。

自分が出品者の場合は専用に対応するメリットは少ないといえるでしょう。

例えば専用のページを作ったにも関わらず
商品が購入されずに放置される場合もあります。

こうなると、販売の機会を損失してしまっていますよね。

あらかじめ商品説明に、

「専用は対応していません。早い者勝ちと致します。」

と断りの文句を書いておくと良いでしょう。

 

商品の詳細を指定

商品の状態の選び方もヤフオクと同じです。

一番商品の状態に合うと自分が感じたコンディションで出品しましょう。

以下にコンディションの目安を記入します。

◆新品、未使用

新品の状態の商品です。

箱に汚れや傷があるとトラブルの元になるので、
キズがある場合は記載すると良いでしょう。

付属品が全て揃っていない場合も必ず記載しましょう。

もう一度お店で新品で売れる状態ものと考えると分かりやすいです。

◆未使用に近い

新品に近い状態の商品です。

一度開封して内袋を破ってしまったり、
保護シールを剥がしてしまった商品などはこの状態にするといいでしょう。

 

◆目立った汚れや傷なし

中古品だけど状態のいい美品はこの状態にします。

美品の程度は人によるのですが、写真に乗せるような大きな傷や汚れが無い時
このコンディションにすると良いでしょう。

 

◆やや汚れや傷あり

目立つほどではないけどキズや汚れがある商品はこのコンディションにしましょう。

 

◆傷や汚れあり

キズや汚れがある一般的な中古品はこのコンディションにしましょう。

キズや汚れはなるべく写真で撮りましょう。

 

◆全体的に状態が悪い

使用するのに難があったり破損している箇所があるとき
このコンディションを選びましょう。

 

 

配送について

◆配送料の負担

これは送料無料と着払いがあります。

送料無料のほうが売れやすいのですが、着払いのほうが送料を計算しなくていいので楽です。
基本的に送料無料にして価格を少し上げて出品したほうが良いでしょう。

 

◆配送の方法

配送の方法は種類があって悩むかもしれません。

ですがとりあえず以下の4種類を使いこなせれば問題ないです。

  

・らくらくメルカリ便

メルカリとクロネコヤマトが提携するサービスです。

出品時に選択しておくと匿名で配送できるので、相手に自分の個人情報を伝えなくて済みます。
アプリでQRコードを出してコンビニから発送できるのでとても便利です。

 

・ゆうゆうメルカリ便

日本郵便のサービスです。

郵便局やローソンから発送する人はこれを使いましょう。

 

・定形・定形外郵便

日本郵便のサービスです。

メルカリで小型のモノを売る場合は一番安い配送方法です。
(ゆうメールの後納契約も安いですが不用品販売の章では触れません。)

しかし配送中の破損と配送中の紛失があった場合、
郵便局が保証してくれないことに注意しなければなりません。

なので3,000円以上の高価な商品は保証鵜がある書留やゆうパックを使いましょう。

 

・クリックポスト

この配送方法はとても便利なので必ず登録して使いこなしてください。

https://www.post.japanpost.jp/service/clickpost/

自宅で簡単に運賃支払手続きとあて名ラベル作成ができ、
全国一律の運賃で荷物を送れるサービスです。

 

◆発送元の地域

お住いの地域を選択してください。

 

◆発送までの日数

1~2日、2~3日、4~7日から選択します。

副業であれば2~3日を選択しておくのが無難でしょう。

 

 

販売価格について

販売価格は、メルカリの場合は同じ商品を
売り切れの商品に絞って検索すると過去に売れた値段が分かります。

これをベースにして、少し高めの値段で出品すると良いでしょう。

 

後は出品するを押せば商品の出品は完了です。

出品した商品には何かメモを付けて保管しておくと良いでしょう。

その3 出品後の対応

出品が完了したら次は商品の販売を行っていきます。

メルカリで商品が売れるときは出品してからすぐに売れる場合が多いですが
しばらくしてからいいねやコメントが付き売れる場合もあります。

 

しかし、しばらくしても売れないときは
何かしらの対応をしていかなければいけません。

 

どのようなことをするかというと、
売れていない商品の価格の見直しやコメントにきた質問の対応などをしていきます。

 

コメントの対応などの新着情報などは
アプリ上部のお知らせに追加されていくので
この部分はこまめにチェックするようにしてください。

 

いいね!が付くのに売れないとき

フリマアプリなどで販売をしていて一番よくあるパターンが
いいね!などのチェックがつくけれど、商品が売れないというパターンです。

こういう場合は価格が高いので商品が売れないと考えて下さい。

値下げされたら買おうと考えている人が、
いいねをたくさんつけてくれているので商品自体に需要はあるのですが、
値段が少し高い場合にこのような状態になります。

 

このような時は値下げを試してみましょう。

10%以上の値下げをすると、いいねをした人に通知が行きます。

また再度検索上位に表示されることもあるので、
売れない場合は値下げを試してみると良いでしょう。

 

いいね!もつかない商品は?

こういう商品はなんとか土日のゴールデンタイム(夜8時~10時くらい)に再出品してみましょう。

そして商品説明に、
「価格相談に応じるのでコメントしてください」
という風にコメントを促すような分を付け加えておくといいでしょう。

 

それでも商品が売れない場合は、他の商品とまとめ売りをしてみたり
他のアプリに出品するなどの工夫をしてみてください。

 

どうしても売れない場合は再出品

出品した商品が3日以上売れない場合は、
商品を再び売れやすい時間帯に再出品すると良いでしょう。

 

再出品はメルカリに出品中の商品を出品休止にして、
少し商品ページを書き直してから商品を出品し直してみてください。

そうすることでまた検索上位に商品が表示されるので
今まで商品を見てくれなかった人が商品を見てくれるようになります。

 

ただしこの方法で同じ商品を出品しすぎると、
メルカリのアカウントが止まってしまう場合もあります。

 

この再出品は1商品につき1日1回までにしておきましょう。

 

 

商品が売れた後にすること

商品が売れた後はお礼のあいさつをして商品の発送をしましょう。

まず定型文で作っておいた、テンプレートメッセージを送ります。
これを送ると丁寧な印象を与えることができ、いい評価を貰いやすくなります。

 

そのあとは商品の発送の準備です。
まずは商品の梱包をしていきましょう。

ヤフオク編と同じように
用意しておいた段ボールや封筒で、売れた商品を梱包します。

この時出品時に選択した配送方法にあった梱包にしましょう。
それぞれの配送方法で梱包サイズの上限があるので、それを超えないようにしましょう。

らくらくメルカリ便の場合は発送時に梱包の大きさによって
発送の方法を選択できるのでお勧めです。

 

梱包が完成したら近くの発送所から商品を発送します。
発送が完了したら発送完了通知をして相手からの受け取り評価を待ちましょう!

 

売れた後によくあるトラブル

売れた後によくあるトラブルについて紹介します。

売れた後で1番よくあるトラブルが、受け取り評価がされないトラブルです。
この場合は入金がされないままなので、早くお金が必要な時に困ったことになります。

 

こういう場合はまずコメントで受け取り評価をしてほしい旨を柔らかく伝えてください。
その上で1~2日たっても返信が来ない場合は、フリマの運営に問い合わせをしてみましょう。

また次に多いトラブルですが、
購入した後に価格の交渉をされたり商品についての質問をされる事があります。

そしてひどい場合だと購入をキャンセルしたいという購入者もいます。

・型番を間違えていた。
・商品の状態が想像と違った。
・間違ってクリックしてしまった。

などの理由でキャンセルをしたいと申し出てきます。

この場合も無理に送るとトラブルの元になるので
フリマの事務局に問い合わせてキャンセルをして貰うことをオススメします。

以上でフリマで商品を出品してからの一連の流れの説明が終了しました。

 

この流れを繰り返し、できれば1日4~5品ほどの商品をメルカリに出品してみてください。

そうすることで1ヶ月後にはあなたの手元に、
数万円、数十万円というお金が残っている事でしょう。

その4 回収ビジネス

「不要品販売できるものが自宅にない・・・」

「全部売り尽くしてしまった・・・」

そんな時は、ジモティーを使いましょう。
https://jmty.jp/

 

ジモティーは
「無料であげるから誰か引き取って!」
という人を集めてくれています。

無料だけでなく、値段のついている商品もありますが、
他のサイトよりも安く手に入れられやすいので
ぜひチャレンジしてみてください。

<ジモティーの無料仕入れ方法>