パソコン・ネット環境の準備

ネットビジネスをするための、

パソコンとネット回線の準備について解説しています。

始めに、自分のパソコンとネット環境を見直しましょう。

PCとネット環境を整えよう

これからネットビジネスを始めるにあたって

まず最初に見直して欲しいものがあります。

それは、あなたのパソコンとインターネット回線です。


流石にパソコンやネット回線を持っていない方は

このカリキュラムを見ている人の中にはいないと思います。

 

しかし、あなたは5年前に買ったパソコンで作業をしていたり

極端に遅いネット回線で作業をしていたりしないでしょうか?

 

そのような方はネットビジネスを始める前に、

まずはパソコンやネット回線を整えることを強くおすすめします。

 

この2つは普段の作業効率に影響し続けるので

早い段階で投資をしておくと高いリターンを得られます。

 

数十万円もする高性能のパソコンを無理して買う必要はありませんが、

最低限、普段の作業がスムーズにできるものを使いましょう。

PCの基礎知識

パソコンを買う時の基礎知識として以下の用語は知っておきましょう。

CPU ・・・パソコンで1番重要といえる部品です。

例えると、人間の頭脳のような役割のパーツです。

 

できればCore (コア)i5以上のパソコンを推奨します

予算がない場合でも、最低Corei3以上のPCにすると良いでしょう。

ツールを使用したマルチタスクを考えるとCorei5以上を買うと安心です。

 

メモリ(RAM)・・・CPUと並んで重要な部品です。

一時的に計算に使う情報などを記憶する役割があります。

 

作業机の広さと考えると分かりやすいでしょう。

いくら頭が良くても(いいCPUでも)机が狭いと作業は止まってしまいます。

パソコンによっては増やすこともできます。

 

メモリは8GB以上のパソコンをオススメします。

最低4GB以上のものを購入しましょう。

 

ストレージ(容量)・・・作業データを保存する装置です。

主にHDD(ハードディスク)とSSD(エスエスディー)形式があります。

SSDの方がPCの起動が速いですが、その分値段は高くなります。

 

予算があればSSDがおすすめですが、HDDでもOKです。

 

作業データは、GoogleDriveOne Drive、iCloudといった

クラウドサーバーに保存するのもお勧めです。

 

クラウドサーバーとは何かを簡単に説明すると、

インターネット上に安全に作業データを保存できるサービスのことです。

ネットにつながれば、どこでもデータにアクセスできるので便利です。

どんなPCを買えばいいのか?

ここからは、

あなたがネットビジネスをするのに最適なPCについて考えます。

 

まず、今後ネットビジネスで大きく稼ぐ決意を持った方は、

最初に少し無理をしてでもできるだけいいPCを購入して、

必死にビジネスに打ち込むことをオススメします。

 

自分のメンターが使っているパソコンと同じものを買うのもいいでしょう。

 

こうすることで「PCの性能が悪いから稼げない」という、

言い訳を自分の中から消すことができます。

 

ネットビジネスを継続していく上で大きなモチベーションになるので、

絶対稼ぐまでやめない覚悟がある人にオススメの選び方です。

 

次に、まだネットビジネスを継続できるか不安で、

ネットやPCの知識に自信がない方へのアドバイスです。

 

そういう方は、近所の家電量販店のPCコーナーに行きましょう。

そこで店員さんに相談してWindowsOSを搭載したノートパソコンを購入して下さい。

 

パソコンの選び方ですが店員の方に、

Core i5(コアアイファイブ)でメモリが8GB程度

「ネットサーフィンがメインで、エクセルも使います。」

という風に伝えれば大丈夫です。

 

※エクセルはパソコンを買う時に買わずに、

自分でネットからOficce365を契約するほうがオススメです。

 

パソコンの性能ですが

予算の事情に合わせて相談をしていくといいでしょう。

「できるだけ安い方がいい」

「しっかりしたサポートが欲しい」

「頑丈で壊れにくいものがいい」

などの要望を伝えると、

親身に店員さんも話を聞いてくれるはずです。

 

家電量販店は、ネットで買うよりは値段は高いことが多いのですが、

トラブルがあった時、すぐサポートを受けることができるメリットがあります。

なのでPCの知識がない方も、いざという時に安心です。

 

値段は、

最新モデルで10万〜15万円程度のものを買えば、

性能が不足することはないでしょう。

 

日常でPCを使っていて基本的なPCの知識がある方は、

上記のおすすめスペックを参考にして、好きなPCを購入してOKです。

 

しかしMacOSのパソコンを買う場合は、

Windowsのパソコンは最低1台は持っていた方がいいでしょう。

 

Macに対応していない転売のツールなどがあったり

配送業者のWebサービスがWindowsにしか対応していなかったりするので、

Windowsのパソコンが1台あると、そのような時に使い分けて対応できます。

※macにはbootcampがありますが、

bootcamp上だとツールが正常に動作しないことがあります。

PCを買う予算がない場合

予算が十分にある場合は

1台しっかりとしたノートパソコンを買うことをオススメします。

 

しかしそうはいっても現実的に予算が少なく、

ネットビジネスにかけられるお金が限られている場合もあるでしょう。

 

そこで、次は予算が限られている方向けに、

できるだけ安く性能のいいパソコンを購入する方法を紹介します。

 

まず価格.comという価格比較サイトで

コストパフォーマンスに優れたパソコンを探す方法があります。

 

ここのサイトのノートパソコンカテゴリを見て

売れ筋ランキングの高いものを探してみたり、

 

左側の検索条件からスペックを指定して安い順番に並べ替えて探すと

値段の割に性能がいいパソコンを見つけることができるでしょう。

 

ただし安い代わりに海外製のパソコンが多いので

サポートの体制は国産と比べて、多少見劣りするかもしれません。

 

予算が5万円以下の場合は、

無理にPCを新しく買う必要はありません。

 

不用品を売ってお金を貯めてから、

10万円程度のPCを購入するのがオススメです。

 

しかし、どうしても5万円以下の予算でPCが必要な場合は

ヤフオクで中古のパソコンを購入する方法があります。

 

この場合、ヤフオクの検索窓でPCスペックを打ち込んで検索してみましょう。

「Core i5 メモリ8GB」という風に検索してみると

中古の安いノートパソコンがたくさん出てきます。

 

注意すべきポイントですが、

ジャンク品は絶対に買わないようにしましょう。

必ず動作確認が取れているものを購入するようにして下さい。

不安な場合は事前にコメントして不安を解消してから購入するようにしましょう。

 

価格comなどの安いパソコンをクレジットの分割払いで購入すれば

月々の出費は最小限で抑えることができます。

お金がどうしてもない方は参考にしてみてください。

インターネット回線

ネットビジネスの初期準備としてもう一つ

インターネット回線を整えることもとても重要です。

 

普段の作業中に作業が止まってしまったり

夜になるとネットがもたついてしまう場合は、

ものすごく膨大な時間を無駄にしてしまいます。

 

原因を調べて契約を見直すといいでしょう。

 

例えば今までADSLの回線を使っていて

ネットが頻繁にもたついてしまう場合には、

光回線に変えてみることも検討しましょう。

 

インターネットの回線速度はbpsという単位で表されており

一般家庭での平均の回線速度は約20Mbpsと言われています。

20Mbpsという速度は動画視聴や大きいデータのダウンロードも、

なんのストレスもなく行える速さです。

 

実際のリサーチ作業をするには5Mbpsもあれば十分でしょう。

この回線速度はこちらのサイトで計測できます。

 

上記のサイトなどで回線速度を計測してみて

少なくとも5Mbpsを下回るようであれば、

ネットを契約しているプロバイダーや回線業者に相談をしてみましょう。

 

また住まいが都心で、よく出先でも作業をする人は、

モバイルWi-Fiルーターを契約するのもオススメです。

 

この2つがしっかり準備できていると、これから先の作業全ての効率が上がります。

転売ビジネスをはじめる前に、まずは見直してみて下さい。

ページの先頭へ