梱包でおすすめの資材一覧

物販に使う梱包・発送の資材をまとめました。

家のもので代用しても構いませんが、

無いものは早めに用意しておきましょう。

物販関係の準備物

ここでは物販の検品・納品作業に使う物を紹介します。

検品・納品の作業はリサーチと違って、一度やり方を覚えてしまえば

淡々としたルーティーンワークになってきます。

 

商品が家に届く

検品・清掃する

写真撮影する

梱包する


FBA(※=Amazonの倉庫)へ発送する

 

作業の流れは大まかにこのようになります。

この作業であると便利な道具を、以下に紹介するので参考にして下さい。

既に家にあるものは代用して構わないので、無い物はなるべく揃えておきましょう。

商品の受け取り

・シャチハタの印鑑

郵便の伝票へのサインは印鑑で済ませると早いです。

スタンプ式のものを用意しておきましょう。

 

・領収書ファイル

着払いの領収書などの経費関係の書類は、

一つのファイルにまとめて、月ごとに整理しておくと便利です。

オススメは無印良品のパスポートケースがコンパクトでオススメです。

中にビジネスの通帳・印鑑・カード・リフィルなどをまとめて入れるととても便利です。

 

開梱

・カッター

商品の開梱の時には、カッターを使うといいでしょう。

ダンボールカッターという専用のカッターを使ってもOKです。

間違って配送用の外箱ではなく、商品の箱を切らないように気を付けて下さい。

うっかり中の商品箱や商品自体を傷つけてしまったり、

外箱と思っていたものが商品の箱だったりする事が稀にあります。

 

・大きいゴミ箱

大きいダンボールで代用することもできます。

開梱の時に出るゴミを捨てるのに便利です。

プチプチなどの緩衝材や綺麗なダンボールは、取っておき再利用すると経済的です。

 

・軍手

大きいもの、汚れたものを開梱する時は、怪我防止に軍手をするといいでしょう。

 

検品・清掃

・電解水スプレー

簡単な汚れは大抵このようなスプレーで落とせます。

これを吹きかけてマイクロファイバータオルでふき取りましょう。

精密機器に使うときは注意して下さい。

 

・マイクロファイバータオル

これでスプレーを拭き取りましょう。

マイクロファイバーなので商品も傷つきにくいです。

 

・洗剤

ガスコンロや電子レンジなどを仕入れたときに、

あまりにひどい油汚れを清掃する場合に使います。

自宅の洗剤と併用すればいいでしょう。

 

・アルコール除菌シート

液晶の掃除や手に触れる商品の除菌に使います。

このシートで拭いて、商品説明に簡易除菌クリーニング済みと表記すると

丁寧に検品・清掃している印象が出るでしょう。

 

・ドライヤー、ヒートガン

商品についたラベルシールを剥がす際に使用します。

ラベルシールは無理に剥がさない方がいいシールもありますが

意外とドライヤーで温めて、ゆっくり剥がすと綺麗に剥がれる場合もあります。

 

・ラベル剥がし

ラベルシールを剥がす際に使用します。

コツは少しの量を薄く伸ばして塗ることです。

 

下地がダンボールなどの紙素材の場合は、

シミになるので使わないことをオススメします。

 

・エアブロー

細かい部分の埃などを飛ばすのに使用します。

 

・プラスチッククリーナー

細かい傷はこれを塗って磨けば消せる場合もあります。

使った後はアルコール除菌シートなどでキレイに拭きとるようにしましょう。

金属にはピカールなどもお勧めです・

写真撮影

・カメラ

カメラがなければスマホでも十分です。

チャットワークなどに写真をアップしていき、

写真サーバーとして使うと便利でしょう。

 

・ケント紙

小物などの背景に使用すると、きれいな写真が撮影できます。

白い布を買って背景にするのもいいでしょう。

 

梱包

・エアキャップ

商品の緩衝材として使用します。

Amazonに送付するときは、必ず商品の外箱を用意する必要があるのですが、

このエアキャップとストレッチフィルムで梱包すれば外箱としてみなされます。

 

・ストレッチフィルム

商品を密封するために使用します。

ハンディタイプのものと大きいタイプのものがあります。

直接商品ラベルを貼れない箱があった場合は、このフィルムを巻いてから貼りましょう。

 

・緩衝材

FBAへ納品する商品の中には広告を入れることが禁止されています。

なので新聞もしくは無地の紙を緩衝材に使用しましょう。

また紙パッキンやバラ緩衝材は、

Amazonへ納品する輸送箱の中に入れると返送されるので気を付けて下さい。

ヤフオク!やメルカリでは使用OKです。

 

・60~140サイズ段ボール

外箱がない商品の外箱代わりに使うことがあります。

FBAに納品する際の中古品の梱包は

基本的にシュリンクパックで密封してあればokです。

しかし壊れやすい商品は、段ボールを商品の外箱にするといいでしょう。

 

・テープ

ダンボールのフタなどを止めるのに使います。

 

・黒マスキングテープ

Amazonへ納品する商品は、不要なバーコードをシールで隠す必要があります。

黒色のマスキングテープがあると、簡単に隠せるので便利です。

 

・ビニールタイ

コードなどをまとめるのに使います。

 

・クリアパック

説明書などを梱包する袋です。色々なサイズがあると便利です。

FBAへ発送

・160サイズダンボール

FBAへ商品を送る時の輸送箱として使用します。

正方形と長方形の段ボールを使い分けると便利です。

大型商品の商品の箱として使ってもいいでしょう。

 

・はかり

輸送箱の重さを測ります。家の体重計でも構いません。

 

・メジャー

輸送箱の大きさを測ります。安いもので問題ありません。

 

・ラベルシール紙

商品シールを印刷する為に使用します。A4サイズ24枚タイプのものがオススメです。

 

・プリンター

商品シールや配送ラベルの印刷に使用します。

スキャナー機能付きのものを購入すると便利です。

 

以上で準備編は終了です。

ぜひ参考にして下さい。

ページの先頭へ